合格体験記Fさん

 私が中学受験をしようと思った理由

                       合格校 : 西京高等学校附属中学
                                                          京都女子中学
 私が中学受験をしようと思った理由は、兄が受験をして入った中学校での生活がとても楽しそうなので、私も同じように楽しい中学校生活を送りたいと思ったからです。
そんな中学受験で辛かった事、嬉しかった事を紹介します。
まず嬉しかった事は今までの成果が本番で発揮できた事です。結果が出たときには今まで頑張ってきて本当に良かったと思えました。辛かったことは夏休み前の模試で悪い点を取った事です。あとは、受験前日の授業はみんなで一緒に勉強することはこれが最後なんだと思うとなんだかとても悲しかったことです。
私のお勧めの勉強法は時間を15分ごとくらいに区切り、間に3分ほどの休憩をはさむというものです。その勉強法だと集中力があまりない私でも上手く勉強することができました。同じ教科では集中力が続かないこともあるので、教科を変えながら気分も変えながら短い時間で集中して問題を解くことをしました。
私が苦手だった計算はとにかく数をこなし、間違えた模試の問題は分からない所を先生や父に教えてもらい、繰り返し練習することで弱点を克服しました。
入試前日は寝る前にもっと勉強をすれば良かったなどと思ったり、当日はものすごい緊張感がありましたが、前受けをして合格していたことや先生がくださった応援のメッセージのおかげで緊張がとけていき、うまく試験を解くことができました。また、面接の時には深呼吸を何度もして気持ちを落ち着かせました。
エム・アクセスでの思い出は授業中にみんなで一緒にクイズ形式で問題を解き、用語を覚えていったことです。受験直前に合格鉛筆などを先生方がくださったこともうれしく、その鉛筆で試験を受けました。
これから受験をむかえる受験生の皆さん、嬉しい事、辛い事など沢山あると思いますが、くじけず合格に向かって進んでいってください。